2011年11月26日

ごゆっくりどうぞ〜

WORKING!!のラジオ「YAMAKING!!」でいつも広橋さんが
OPトーク終了時に「今日も最後までごゆっくりどうぞ〜」と言ってるので
すっかり洗脳され謎のマイブーム到来。広橋さんリアル山田すぎるw

それはいいとして、すっかり間があいてしまいました
QB狩りオンラインが面白いのがいけない。(言い訳)

とりあえず、他の事にいろいろ時間を取られて
数日全く何も描いてなかったので
さっき音楽聴きながら適当に描いたラクガキを投下してお茶を濁します。
そんなんでいいのか自分


My Chemical RomanceのVo.ジェラルド。HELENAのときの黒髪




Welcome to the Black Paradeも好きだけど、HELENAのPVが一番素敵であります
曲としてはどっちも甲乙つけがたいけどHELENA推しです。
cancerとかもなかなかです

昔は大して気にならなかったバンドで、正直存在を忘れかけてたんですが
HELENAのPVを目にしてから一気に引き込まれました。
ジェラルドがプライベートで何度も来日するくらい日本好きだって聞いてちょっと嬉しい。


この二曲、曲調も歌詞も正反対なんだけどそこがいい。
Brack Paradeはすごく真っ直ぐな歌詞で前向きでテンション上がる曲だけど
HELENAは哀悼と後悔と激情でできてる。でも前向きな気がする。
別れを受け入れてる曲だからだろうか

マイケミはいつも激情でできてると言われたら、まぁ、その、なんだ。アレだ。


書きながらPVを横目で見てたら
もーちょっとこう、口元はヘの字気味なほうがジェラルドっぽいなあ、とか
でも今更直すでもないしなあ。みたいなモヤモヤが…

書くことなかった割には何とか埋まりました。やってみるもんだ


最後にそのPVをふたつ紹介して終わろうと思いまス

HELENA


Welcome to the Black Parade
posted by 沐絲 at 17:22| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

もやもや

段ならボツにして消しちゃうような絵なんですが
何かひっかかるものがあったので、とりあえず日記のネタに採用。
何も考えず適当に付け足してったらムースになった

ムース3.jpg

納得いくムースの絵ってなかなか描けないもので
自分基準に満たないものは人目に触れる場所に置きたくないんですが
ただ何かが気になって、それが何なのかわからずモヤモヤして
どうしたらいいかわからないのでペタリ。


顔とかがしっくりこないのに適当に描き進めちゃったというのはあるけど
描くものが定まってないのに下描きはできないし、
仕方ないからと諦めて強引に進めたわけだし。
こうして考えてみてもしっくりこないし。

構図どころか、何描くのか描きながら決めてるんだからこーなりますよね
腕とか超困った。結局うまく着地できなかったし

でも気になってるのはこーいうのじゃなくて
もっとモヤモヤしたものなの!あー悶々とする!
自分でわからないのに人様にわかるわけないじゃない!


こんな日のこんな思いを残しておけば
いつかまた振り返ったとき感情やモヤモヤ具合まで思い出せるだろうか。
コレの正体もその時ならわかるかもしれない。
後になったら全く思い出せないかもしれない。
だとしても残しておけば何かになる。

と、無駄に希望を込めて日記にくだらない事を書く


消すのはいつでもできるし、消したら二度と帰ってこないし
落書きでも自分の人生の時間を費やして行った足跡のひとつなので
本当に不要だと判断する時がくるまで、とりあえず刻んでおけばいいとも思うし。
ちょっと持論まぜてみた(CVシルシル)



以下(おそらく私以外の多くの人にとっては)わりとどーでもいい話。小難しい


世の中モノでも思い出でもなんでも捨てたがる人が多いですが
自分の生きた証をそれだけ削っているんだと思う面はあるのです。

どこかに残しておかなければ、全て消えてなくなってしまうし
消えていいものなら最初からなくてもいい。
でも最初から全て無くても有っても同じなわけはないので
じゃあ何が残りどう伝わるのかとか考えれば、その人なりの答えが出ると思うのです

身軽な事は本当に美徳なのか考えると
自分という個に固執しない人ほど
物質的にも精神的にも身軽でいたがるんじゃないのかなぁ、とか
色々思うわけですが、こういう話をすると
最終的に人間が種を残す目的は何だとか、種を残して何をしようというのかとか
そういう話になるので終了。


ものはついでということで、備忘録的に続きを書いておくので
哲学じみた話に興味がある人は↓をクリックして続きを読めばいいと思います。

続きを読むスイッチ
posted by 沐絲 at 03:48| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

時速4km

がひどいってこの時間ですよ
夕方起きてられなくて夜中眠れない生活が久しぶりに戻ってきた
まあ生活するぶんには思ったより問題なかったりもするんですが、早い時間に眠くなるのはつらい


昔、マルカツSFCに載ってたMADARA赤を眺めながら
田島昭宇先生はなんでこんな絵が描けるんだろうと思い
本当に人間が描ける絵なのか確かめるべく(大げさ)必死に模写した事がありました。

というか、こんな絵が描きたいと思ったけど、絵の仕組みが全く理解できず
本気で精密にトレスしないと絵を理解できなかった。あの絵は本当に神がかってると思う

そして得たものは大きく、今でも結構絵の根幹を支えてる気がするので
初心(?)に帰って必死にあの感覚を思い出しながら描いてみたり



…また四季様だ。
いまいち当時の感覚を引き寄せられなかったので
そのうち田島絵を見ながらやってみようかな…
練習したページとコマは今でもよく覚えてるけど、一番やってたのは服のシワだったなぁ。
聖神邪の足をね、こう。つーか髪!髪をリベンジしたいですだ!

ついでに、田島絵模倣をやめたきっかけは
なんとなく雰囲気掴んだし、トレスから一段上がろうと思って
転生編の沙門を模写したらキモいくらい似てなくて挫折したからです。ああ懐かしい



日記タイトルはMADARAのOVAのED曲タイトルの一部ですが
当時は作品・雰囲気に合ってなくて、寂しい曲な気がして大嫌いでした。
(OVA下巻のアコースティック版)

中学生くらいだったから(小6前後だったかも)かっこよくて速いロックとか、
MADARA2みたいな民族音楽系の世界観に合った曲を求めてたんですよね。
挿入歌とかで流れるならよかったかも。いやーそれでも苦しいかな…
MADARAとか関係なしに聴けば、それほど好みではないとはいえ悪い印象はないんですけどねぇ。


これのアコースティック版しか収録されてないMADARAのCDがあった気がしたけど見つからない…
二枚組のCDだったような記憶があるんですが。
FC版のサントラかなぁ…アレンジ版のほうだろうか。どっちも二枚組だし。
両方は持ってなかったと思うんですが、発掘できてないのでどのみち確認もへったくれもないw

FC版のサントラに収録されてたような記憶自体が怪しい気がしてきた。
そもそもアコースティック版しか入ってなかったという記憶も怪しい


OVA自体は大筋はいい感じなんですが、肝心な所がオリジナル展開すぎてアレでした
オリジナル要素では、ハクタクがタタラの化身だったという所はちょっとアリだったかも。
OVAの中だけで完結させるために変わった部分はまだしも、影王とヒョウブがあれじゃ…w
徐福がいないから夏凰翔のギミックについてもちょっとアレだし。
そもそも八大将軍のほとんどがデザインひどすぎた記憶があるぞw

あと沙門をモブキャラ扱いで殺すのやめてください!!!
ただでさえ転生編であんな仕打ちうけてるのにかわいそうだろ!!!!(マジギレ)
北神の孫だぞちくしょう…ぶつぶつ

サイコが終わったらマダラ転生編と天使編が再開すると信じています。
再開しなかったらさらにその次の作品が終わったら再開する。完結する。きちんと終わる。ぶつぶつ
posted by 沐絲 at 05:12| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。