2012年01月11日

賀正

賀絵はそれなりに頑張ろうと思いつつも、頑張れなかった結果。
改めまして今年もよろしくお願いします。

2012年賀.jpg

でも絵を描くリハビリにはなった気がします。
人間以外を色塗って描いたのも久々だ
去年はうどんげ絵だったからオールインワンだったし。

中国では赤がめでたい色だったと思うのでムースも赤に。
メカは描ける気がしないけど、動物はきちんと描けるようになりたいなぁ。


小さい頃はあんなにSDガンダム描いてたのに、
無機物の構造を把握するのはドヘタクソらしい。
いまだに銃も描けない。とことん苦手です。

キャラクター性のあるロボットならまだ多少は興味があるけど
機械に興味ないっていうのが致命的な気がする。
とはいえ、チャレンジしたくもないほどではないので
一度好きなものから順に習得してみるのもいいかと思ったり。

でも何かこう、ロボットや銃を描く際のロジックって生き物とはまるで違う気がしてならない
小さい頃から非現実や珍しい生物には強く惹かれるけど、
乗り物とか機械には全く惹かれなかった子供だったので
これは生来の相性なのかもしれない。


銃に興味を持てたのはトライガンやヘルシングの
規格外なスタイリッシュガンの数々のおかげだし
銃も車も、現実のもの=既存のものに全く興味がわかない。

車輪のついた箱というフォルムがもうだめで
車輪をつけて移動するものという概念が崩せないなら、せめて
自由の女神とかガンダムとかに車輪つけて乗れればいいのに。
突起物だらけだし、衝撃吸収性ゼロだろうからたぶん未来永劫ありえないけど。

GACKTが改造しまくった車は指でシフトレバーを操作するらしく、それはちょっと惹かれた
一般車にそういうのをもっと取り入れればいいんだよ

メタルマックスに出てくるような戦車かロボットだったら乗りたいな。
まぁ要するに、私の望む乗り物では公道を走れないわけです。
電車とか面白みを感じないし、小さい頃いろんな乗り物の絵を見て
数少ない「これはアリかも」と思えた乗り物がロードローラーとブルドーザーっていう。
その感覚と価値観は今でも続いてると思う

パンダ座りのピカチュウに車輪つけたりとかでもいい。
理想はゆっくり。なんか前にもこんな事語った気がする

posted by 沐絲 at 05:38| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。